口が乾燥して臭い

口が乾燥して臭く感じることはありませんか?

 

口の乾燥すると口臭が強くなります。
口腔内は唾液によってうるおいを保っており、乾燥状態になることはありません。

 

唾液の分泌量が低下すると、口の中が乾いてしまうことがあります。
唾液は口腔内を殺菌する作用があるので、唾液が減少し、乾燥状態になると口の中の細菌が繁殖し、口臭を発する要因となります。

 

ドライマウスをいう状態ですね。
ドライマウスの人口は800万人以上といわれていて、唾液の分泌量減少には、さまざまな原因があります。

 

生理的現象

起床時や緊張時、ストレスなど、生理的な要因によって唾液分泌量が低下します。寝ている間は唾液の分泌が抑制されるため、起床時は一時的に口の中が乾燥した状態になります。

 

緊張時やストレスは、自律神経の作用により唾液が一時的に減少します。緊張すると喉がカラカラになるといった現象はこうした生理的作用によるものですが、生理的現象の口の乾燥はある意味しかたないものといえます。

 

 

生活習慣の影響

生活の悪習慣は、唾液分泌量が減少させます。

 

具体的には、

  • 喫煙
  • 飲酒
  • 過度なダイエット
  • 食生活の乱れなど
  • 睡眠不足
  • 栄養不足

です。

 

また、自律神経失調なども唾液を減らします。
喫煙はタバコに含まれるタールが原因です。
飲酒はアルコールによる利尿作用が、そ体内の水分を奪うので。唾液の分泌を抑制されてしまいます。
食生活の乱れや無理なダイエットは、食事中の咀嚼による唾液の分泌を妨げることが原因です。

 

 

血圧降下剤や利尿剤の副作用

血圧降下剤や利尿剤などの薬を服用している人の場合だけですが、これらを服用している人は副作用によって唾液の分泌量が抑制されます。
血圧降下剤は血管を拡張させて血流を増加させる作用のある薬で、副作用として発汗量が多くなっていまうのです。
利尿剤の利尿作用は、そ体内の水分を奪うので。唾液の分泌を抑制されてしまいます。