唾液が臭い

自分の唾液が臭いと感じることはありませんか?

 

この場合、唾液自体が臭いのか、唾液でなくて実は口全体が臭いのか2つに分かれます。

 

唾液自体が臭う場合

 

唾液の分泌が少ないために口臭がひどくなると述べましたが、唾液自体が臭って口臭のもととなっている場合があります。
くしゃみをしたときなど、唾液から悪臭がすれば、胃の調子が悪かったり、歯周病などを患っている可能性があります。
口臭のほかに、唾液の臭いが気になるという人は、病院を受診し、検査を受けることをおすすめします。

 

 

唾液が少ないことで口全体が臭い場合

口臭は口腔内の細菌が主原因となっていますが、通常、これらは口腔内で分泌される唾液によって殺菌されています。
唾液の分泌量が減少してしまうと、殺菌作用が薄れ、口腔内で細菌が繁殖し、口臭の原因を作り出してしまいます。

 

起床時や極度の緊張状態、ストレスを感じたときなど、唾液の量が減り、口臭が発生します。

 

これらは一時的なものであり、かつ生理現象の一種なので、特に心配することはありません。

 

次に、生活習慣による唾液分泌の低下が挙げられます。

 

よく噛んで食べなかったり、食べる量そのものが少ないなどの食生活を送っていると、咀嚼による唾液分泌が減少してしまいます。
また、嗜好品であるアルコールやタバコも、唾液の量を減らす要因となります。

 

他には、薬の副作用なども唾液分泌量低下に関わるものがあります。

 

 

唾液をよく出すには?

 

唾液は、たくさん出すことはお口の環境をよくします。

 

どうすれば唾液をたくさん出せるかというと、具体的には

よくしゃべる
よく噛んで食事する
ガムを噛む
口や舌を部分体操でよく動かす

をすることによって唾液腺が刺激されて、分泌が促進されます。

 

とくにかく、よく口を動かすことが唾液の量を増やす有効な手段となります。
舌を動かしても唾液が出ます。

 

よくしゃべる人、ガムを噛む人は、口臭が少ないのは唾液の量に関係しています。