鼻づまりで臭い

鼻づまりで口が臭いということもあります。

 

蓄膿症が原因の口臭です。

 

蓄膿症は副鼻腔の慢性的な炎症によって発生した膿がうまく排出されず、蓄積して鼻汁や鼻づまりなどが発生する症状です。

 

副鼻腔の炎症は風邪などでも起こりますが、蓄膿症のような慢性的な炎症の場合は、風邪などの症状に関わらず、通年で鼻汁や鼻づまりなどの症状に悩まされます。

 

蓄膿症による口臭を改善するには、やはり根本的な問題である蓄膿症自体を治療することです。

 

蓄膿症の治療としては3つの局所療法です。

抗生物質などを投薬する薬物療法
副鼻腔内の膿を除去
炎症を起こしている粘膜に薬を塗布する

 

 

蓄膿症を原因とする口臭は、蓄積された膿が放つ悪臭が、鼻を通って口から呼気として発せられることによって起こります。
蓄膿症になると、鼻づまりによって鼻呼吸ができなくなるため、口呼吸をする回数が多くなってしまい、口腔内が乾くドライマウスの症状を引き起こすこともあります。

 

口が乾くということは唾液の分泌量が低下してしまい、口腔内の殺菌力が弱まり、細菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。
細菌自体が口臭の原因になる以外に、細菌の繁殖によって起こる虫歯や歯周病は、口臭をさらに強化させる要因を持ち合わせているので、口臭は悪化してしまいます。

 

炎症を起こしている粘膜をすべて除去、あるいは一部を残して機能回復をはかるなどの方法が取られます。
鼻汁、鼻づまりと放置していると、蓄膿症は年を追うごとに悪化していきます。

 

口臭予防にはもちろんですが、鼻の健康のためにも、蓄膿症は耳鼻科を受診して治しましょう。