妊娠してから臭い

女性の場合のみですが、妊娠してから口が臭くなることもあります。

 

妊娠中のホルモンバランスの影響や、ストレスを抱えやすい精神状態にあることが原因です。

 

妊娠前には感じられなかった口臭を感じるようになったという話はめずらしくありません。
妊娠中の女性の体は非常にデリケートになっており、通常なら起こらないようなさまざまなトラブルが発生しやすくなります。

 

妊娠中は女性ホルモンのバランスが大きく変化します。ホルモンバランスの大きな変化は、体に変調を来たしたり、体内の抵抗力を弱めたりする要因となります。抵抗力が弱まると、口腔内の細菌が繁殖しやすくなり、口臭はもちろん、虫歯や歯周病のもととなります。妊娠中に虫歯や歯周病になる人が多いのは抵抗力の低下が原因なのです。

 

虫歯や歯周病は歯や歯肉を蝕み、悪臭を放つ特徴があります。さらに、女性ホルモンの代表的存在であるエストロゲンやプロゲステロンが妊娠中に急増することで、唾液の分泌量が抑えられることがわかっています。

 

口腔内の殺菌を担っている唾液の量が少なくなると、細菌が繁殖しやすい状態に陥ってしまいます。
これら生理的な要素に加えて、妊娠中の女性は情緒不安定になりがちで、極度のストレスや不安を抱えて生活している人が多く存在します。もともと、妊娠中の女性の体は、口臭はもとより、さまざまな口腔トラブルを発生させる要因が多いのです。

 

妊娠が原因の口臭を解消するには、妊娠中のさまざまな体の変化は、もちろん出産すれば元通りになります。

 

しかし、妊娠中の数ヶ月の間に起こった口腔トラブル、たとえば虫歯や歯周病などは、一度かかってしまうとたとえ出産しても自然治癒することはありません。妊娠中は、唾液の分泌量が減少しないよう、こまめに水分を補給したり、念入りな歯磨きを行うことが必要です。