たばこで臭い

たばこで口臭が臭くなることあります。

 

とくに酒とコーヒーと煙草でブレンドすると、周りの人にとっては、ひどい口臭を感じる人もいるようです。

 

歯周病は歯垢が原因で発症し、症状が悪化していくのですが、歯垢だけではありません。たばこが原因で歯周病の症状が悪化し、さらにタバコを吸っている方は歯周病の治療を行っても治りにくいのです。

 

歯周病とタバコには関係があります。タバコが歯周病の症状を悪化させてしまいます。
たばこに含まれるニコチンが原因です。

 

ニコチンはという物質は血液の流れを悪くし、身体の抵抗力を下げます。ニコチンは歯周病が治りにくい体質にしてしまうからです。
それに加えて、タバコにはニコチン以外にも多くの有害物質が含まれており、それらの有害物質が唾液の分泌量を減少させたり、歯垢を付着させやすくします。たばこを吸う人は歯周病になりやすく、歯周病が治りづらくなります。

 

たばこをやめて歯周病は治った人もたくさんいます。
歯周病を完治させるには、たばこをやめることが大きな効果があることは間違いないです。

 

タバコをすう人は吸わない人に比べて5倍以上歯周病になりやすいとされています。口臭が気になるなら、たばこをすう量比例するので、まずはたばこの本数を減らすことからはじめるとよいと思います。歯周病になっていなくても、たばこを吸っていると歯周病へのリスクが高くなり、逆に禁煙すると歯周病へのリスクが下がりますので、歯周病を予防するためにも禁煙することをオススメします。