歯周病で口が臭い

よくいわれていることですが、歯周病で口が臭くなります。

 

歯周病菌とは、数十種類の細菌の塊のことで、歯垢のことです。

 

口の中には数百種類以上、数億個以上の細菌が棲息しており、実は細菌の数は肛門よりも多く、口の中は人間の体の中でもっとも多くの細菌が生きています。想像すると、ぞっとしてしまいますね。

 

コレ自体は自然現象で細菌が棲息している事自体は問題はありません。
しかしこれらの細菌が何らかの原因によって増えすぎたり、細菌に食べかすが付着して歯垢を増やしすぎることが原因なのです。歯垢は歯だけでなく歯の周りに強力に付着していき、この歯垢が歯肉を炎症させたり、歯槽骨、歯根膜を溶かしてしまいます。歯周病菌のこわさはここにあります。

 

歯垢は丁寧に、そして正しい歯磨きをすれば除去する事が可能なのですが、歯垢を放置すると歯磨きでは取り除く事が出来ない「歯石」になってしまい、歯石は歯垢(プラーク)が付着しやすいという特徴がありますの。歯周病の症状が進行していくという悪循環となってしまうのです。

 

歯石とは歯周病の原因である歯垢(プラーク)と唾液中に含まれるカルシウムが混ざって出来た物質で、歯垢(プラーク)は歯磨きで除去する事が出来ますが、歯石は非常に強固に歯、または歯の周りに付着しますので歯磨きでは除去する事が出来ず、歯医者でスケーラーと呼ばれる専用の器具を使って除去してもらうしかありません。

 

歯石の表面は非常に凸凹しているため歯垢が付着しやすく、付着した歯垢を除去しにくいという特徴があり、歯石を除去せず放置していると歯石の周りに歯周病の原因菌である歯垢が付着して行きますので、歯石自体は歯周病の原因とはなりませんが、歯垢や菌を増やす温床になります。

 

2日で歯垢は、歯石になります。

 

毎日の歯磨きで歯垢(プラーク)を確実に除去し、歯石にまでならないことが歯周病の予防の一番の方法です。