舌みがきをする

 

口臭の原因に「舌の汚れ」が大きく関係します。
舌の表面には「舌苔(ぜったい)」と呼ばれる粘膜のアカや細菌の塊が付着しています。

 

これが大量に付着していると、お口から腐ったような臭いがしてきます。
ガシガシ磨くと舌を傷付けてしまったり、味覚を感じる味蕾まで削ってしまうので注意が必要です。

 

舌ブラシでもいいですし、ガーゼで拭き取ってもいいでしょう。石井先生がおっしゃっているように綿棒でも構いません。
あくまでも、「軽く、軽く」が基本です。全て取る必要はありませんので、表面をさっとなでる程度にしてくださいね。

 

舌の白いのは毎朝取るのが基本です。
舌の上の白い奴を取れば口臭は、かなり改善されます。

 

舌ブラシをつかう

おすすめの舌みがきブラシは、歯ブラシではなかなか効率的には取れませんので、スケレーパーと呼ばれるものがおすすめです。
私はT字タイプのスクレーパーをいつも使用しております。他の形態のものも試して見ましたが、T字タイプが一番取れます。
舌みがきよう歯磨き剤もありますが、なくても問題医ありません。

 

ただし、やりすぎて舌の表面に傷をつけていけません。優しく数回、表面をなぞるぐらいに加減して行ってください。