断食をする

断食は口臭、体臭治療になります。病気も治せます。

 

消化は非常にエネルギーを消費します。
普段の食生活で胃が酷使されています。
タバコやお酒やストレスで胃に更に負担がかかります。

 

食事をした後間もなく食べ物を入れると胃は休む間もなく働かなければなりません。
すると胃の収縮する筋肉が弱り下垂します。胃が肥大状態になりがちなのです。

 

胃が下垂状態になると正常に消化作業が出来なくなりさまざまな疾患を伴います。
断食をすると酷使された内臓を休めることが出来るので内臓が正常の働きに戻ります。
胃の肥大が戻ります。

 

体を害している人は、断食中は一時的に口臭が酷くなります。
口臭が酷くなるのは断食の作用によるものです。断食をして胃が空になると体が修復作業をします。腸に溜まった食べかすを活発に送り出し毒物や老廃物を血液に送り出し息や汗経由で体外に排泄します。この排泄するときに口臭がするわけです。体に毒が溜まっているほど口臭がひどくなります。

 

まさにデトックス状態を作り出すことが断食の目標です。体調に合わせて2,3日の断食が効果的です。