食べ物で口臭を消す

効果的なケア法というか、口臭対策の一つとして、口臭を消す効果のある食べ物があります。
栄養面としては、ビタミンB1やB12、ビタミンC、タウリン、クルクミン、メチオニン、フラボノイド、食物繊維などが肝機能の正常化に有効です。

 

口臭の原因となる細菌を減らしたり、臭いをマスキングする効果のあるサプリメントやデンタルケア用品も口臭対策に役立ちます。対象の食物を摂ったり、サプリメントを摂取するなどして、必要な栄養素を摂取することが大切です。

 

喫煙、アルコールの過剰摂取が口臭によくないのは、いうまでもありません。
唾液分泌量に関しては、加齢以外の唾液分泌量低下の原因である食生活の乱れや喫煙、アルコールの過剰摂取などのさまざまな要素を見直し、生活スタイルを改善することによって、分泌量低下を抑制することができます。

 

お茶

天然の消臭剤とも言われる葉緑素や、フラボノイドなど、口臭の臭い消しに効果のある成分が含まれています。
また、唾液の分泌も促すので、口臭防止に役立ちます。
なかでもなたまめ茶は抜群の口臭予防効果があります。

 

牛乳

にんにくの臭い消しとして、よく知られています。牛乳のアミノ酸は、胃の中で悪臭の原因になるタンパク質を、脂肪の膜で包み込んでしまいます。アルコール臭消しとしても効果があります。

 

すっぱい食品

レモンや梅干など酸性食品に含まれる有機酸は、臭いの元になるタンパク質を分解する働きがあります。
酸味は唾液分泌を促すので、口臭防止に役立ちます。

 

ガム

ガムを噛むことは、食べかすの掃除、唾液分泌促進による口内の浄化など、口臭の予防、対策に効果があります。
特にキシリトール入りガムは、むし歯の原因にもならず、唾液分泌をより促進する働きがあります。

 

レバー、しじみ、豆腐、納豆など肝臓にいい食べ物

肝機能の低下に関しては、レバーやしじみ、豆腐、納豆などの肝臓によいとされる食材を食べたり、飲酒を控えるなどの努力をすることによって、口臭を予防することが可能です。